勤怠管理もITの時代に

従業員の勤怠管理というのは、何も出社時間や退社時間だけを管理するものではありません。残業時間や有給がどれくらいかなどの管理までしなければなりません。今までのようにタイムカードでの勤怠管理だと資料が膨大になり、把握するのも大変です。そこで、勤怠管理を電子化し、ペーパーレスにしようとする動きが各企業で見られます。

タイムカードをなくし、電子化する動きがよく見られます。例えば、ICカードなどで管理したり、指の静脈認証を利用したり、タイムカードに頼らない形での出社時間、退社時間の管理ができるようになっています。一方、GPS機能を使ったものも登場し、例えば現場に直接行く場合でもそこから送信することができます。これにより、タイムカードがなくても管理できるのです。

また、有給休暇を願い出る場合でも、何日分の有給があるのか、使用状況がどうなっているかも瞬時にパソコンの画面に示すことができます。そして、有給休暇を使用したい日の使用状況を確認し、この日はみんな有休を使っているからこの日にできないかとか、だいぶ先の有休を前もって決めるときに大変便利です。また、勤怠管理においては勤務日程についても管理することになっています。例えば、アルバイトのシフトなどお店で確認しなくても、ネット上で確認できるようにしておけば、とても便利ですし、変更したい時もそれを見ながら変更すればいいので勘違いも極力減らすことができます。

紙だけで勤怠管理を行う時代は終わりました。ITでも行っていく時代となったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *