GPSには負けない、ビーコンの凄さ!

GPSは人工衛星から発信されている電波を使用しているため、一般の人ではパソコンやスマートフォンがあれば、簡単に利用することが出来ます。

しかしながら、GPSには物理的に不可能な範囲をカバーしてくれるのが、ビーコンです。ビーコンは一般企業でも購入し、コンセントから電源を取る事が可能となっている商品です。価格は2000000円からと非常に高額になっていますが、このビーコンによって防犯対策を取る事ができるため、安いと言えるでしょう。日本には四季があり、寒い時期に熱い時期がありますが、ビーコンの動作温度の気温は、-0度から+60度まで対応しているために、真夏の暑い時期でも正常に動作することが出来ます。

最低温度は、-0度になっているため真冬は、-0度以下になりますが、実際には暖房器具を使うために-0度と言う過酷な環境下で仕事をする人はいないでしょう。そのため、海外でも非常に好んで使用する企業が増えているために、海外製品と勘違いする人が増えています。ですが、このビーコンの発祥の地は私たちが暮らす日本の企業が開発した技術です。

ですが、実際に普及しているのは、日本ではなく海外なので、日本で電波発信機を目にすることは、非常に珍しいでしょう。USBメモリーも入れることが出来るために、従業員の動きも保存することが可能なので、業務報告に偽りがあるかどうかも一目で判断することを可能として、GPSにはない、優れた最新の技術です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *