GPSよりもビーコンを!

近年普及が進んでいるビーコンは非常に便利な商品ですが、GPS同様にインターネットに接続する環境が必要となります。

インターネットに接続する環境があれば、GPSを遥かにうわまる優れた機能が満載です。工場で勤務している作業員は常に忙しく動き回りながら、日々働いています。その作業員の人数が多くなればなる程に誰が何処にいるかを管理者が認識することは困難でしょう。しかし、ビーコンを導入することによって、全ての作業員が今、何処にいるかを一目で確認することが出来ます。

ビーコンはカメラと連動することが可能なため、全ての作業員がタグを身に付けていると、カメラがタグを持っている作業員を常に追いかけて撮り続けることが可能になるため、常に作業員の仕事内容を認識することが出来るために、次に仕事の指示を出す場合にも非常に効果的でしょう。しかし、指示を出すためには作業員も元へ行かなければならないが、マイクを使うことによって、その手間も省くことができます。

GPSの技術レベルがあがったといっても、個人レベルで使うには、非常にハードルが高いために、多くの企業がビーコンの導入を積極的に導入しています。しかし、多くの企業が一番ネックになるのが、価格でしょう。価格は2000000円と簡単には導入出来ない価格帯になっていますが、作業効率を考えると、初期投資に2000000円使っても1年から2年で元を取り戻すことができ、以降は一切費用が掛からずに使用することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *