GPSでは出来ない!ビーコンで子供を守れ!

GPSは非常に広い範囲に電波を発信していますが、GPSが幅広く使えるかと言うと違います。

範囲は非常に狭いながらも、活用する幅が非常に広い機器がビーコンです。ビーコンがカバーできる範囲は非常に狭いのですが、小型で各企業が独自で設置することが可能な電波発信機です。ビーコンの電波発信機は小型でかつ軽量に設計されているため、どんな場所にでも設置することが出来るために、各企業の使い方次第で使い方は、無限大です。GPSでは不可能とされている、子ども達を預かる保育園や幼稚園などは安全面の視点からご家族でも保育士が知っている人以外は、身分証明証を提示して確認を行っています。

ですが、このビーコンを保育の現場で導入することによって、保護者だけにビーコンを携帯させることによって、センサーで自動ドアが開くように設定をすることが可能です。これによって、保育士の仕事が減るために、新しい働き方改革になるでしょう。保育の現場では子ども達の安全が第一なので、初期投資に2000000円を投資しても決して高くはないでしょう。

海外では既にこのような取り組みが始まっており、近年の日本でも導入の傾向はあるものの、実際の保育の現場では、まだ、導入はされていません。タグは比較的にお求めやすい金額となっていますが、電波発信機は高額なので、この金額が普及しない要因でしょう。しかし、一度購入すると永遠と使え、万が一の故障の際にも各メーカーが対応してくれるために、安全を考えると安いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *