店舗にはGPSよりもビーコン!

現在はGPSを送信して自身の現在地を他人に知らせる事が簡単に出来ますが、店舗側がGPSを使用して不特定多数の人へ店舗の場所を知らせることは不可能です。

しかし、店舗側が集客するためには、自ら店舗の位置を不特定多数の人に知らせる必要が出てきます。このような集客に対して大きな力を発揮する技術がビーコンです。ビーコンを使用することで、店舗の所在地を不特定多数の人へと知らせることが可能です。一般の人が自らの目的を達成するために、必要なお店がある場合には、自らの意思で検索をしますが、検索をした場合に希望に合った店舗を自動的に近い順で検索結果として現れます。

これによって、店舗を訪れるお客さんは、自らの目的をもって訪れているのは、不要な人だかりが出来ないシステムを作ることが出来ます。このシステムを利用するためには、電波を提供している企業と契約を結ぶ必要がありますが、契約に掛かる費用はわずかです。ですが、電波を提供している企業と言ってもパッと、こない経営者も多いでしょう。

電波を提供している企業とは電話契約を出来る企業なので、以外に身近な所に存在しています。費用は店舗を維持するために必要不可欠なので、経費として計上することも可能です。すなわち、経営者とビーコンはGPSよりもメリットが大きいために切っても切り離せない関係性と言えるでしょう。契約後は、なんの操作もしないで永遠と不特定多数の人に店舗情報を送り続けることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *