工場管理にビーコンセンサー

工場ではいろいろなものが行き交います。

複数の人が同時に移動して、物も溢れています。設備についても移動する物があり、場合によっては、交錯して危険な場合もあります。それらのものが位置や向きがわかれば、事前に危険を察知して傾向することが可能です。そのために有効なのがビーコンセンサーです。ビーコンセンサーは位置情報をやりとりできる物で、他にもセンサーを追加することで便利な機能を利用することができます。

例えば区域制限をかけることで、危険区域に入り込まないようにしたり、設備の移動方向に誰もいないことを事前に確認することもできます。異常な速度が出ている装置があれば、緊急停止も遠隔から操作することができて安心です。温度の監視をしておけば、熱中症対策になって、危険な状態になる前に注意をすることができます。ビーコンセンサーを使って効率をあげることも不可能ではありません、工程管理のために物の移動を時間単位で指定したり、人員の配置を通信で知らせることもできます。

軌跡を確認することで、移動の緩慢になるところを把握して、改善に繋げることも可能です。実際の工程管理をデータで見ることが可能なので、細かな分析や見てもわからなかったちょっとした工程の淀みなどを把握できます。勤怠管理と組み合わせれば、いちいちタイムカードを押す必要もなくエリアの外に出た時に終業と認識することもできます。業務以外の煩わしさを減らして、効率をあげることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *