高齢者のケアにビーコンセンサー

多くの高齢者のケアをしている施設では、日々多くの業務に追われて、忙しい状況です。

全ての居住者に目が行き届くことが理想ですが、実際には人手不足に困っているところがほとんどです。そんな状況を少しでも改善できるのが、ビーコンセンサーの利用です。居住者とスタッフにビーコンセンサーを持たせておけば、どこにいるか把握することができます。だれがどこにいて、誰と一緒にいるのかがわかれば、ケアが行き届いていないところも見えてきます。全く動いていないようなこともわかるので、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれません。

特に施設外へ出ようとする人がいた場合、警告を発することができるので行方不明になったりすることがなくなります。居場所がわかれば、担当者の負担も軽減できます。ビーコンセンサーを設備につけて管理することも可能です。共有することが多いものは、どこにいったかわからないことで探すだけで時間が過ぎていってしまいます。すぐに見つけることができれば、使いたい時に使えます。

明るさセンサーなどを利用すれば消灯の確認もできるし、ドアに加速度センサーをつけておけば開閉の確認にも利用できます。このようにビーコンセンサーを使って人手不足を補うことはできます。これだけの情報を有効に使うためには、それなりの計画が必要となりますが、問題となっていることからビーコンセンサーの利用で解消できないかと言う観点から考えると、有効な手段が見つかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *