材料や資材の管理にビーコンセンサー

製造エリアでは多くのものが行き交います。

間違いがあるとそれだけで工程を止めることとなり、効率を下げることになります。そうならないためには、必要な時に必要なものが配置されていることです。簡単に聞こえるかもしれませんが、実現しようとするとうまくいかないことがほとんどです。最も多いのが誤配置で、最悪の場合、不良品を作り出す原因になります。入荷の時からビーコンセンサーを取り付けて識別できれば、そのようなトラブルを防ぐことが可能です。入庫チェックで問題がないものにビーコンセンサーを散りつけます。

複数あるものはトレイにおいて入荷ごとにセンサーを変えます。こうすることによって、先に入ってきた古いものから使うことができます。取り付けたセンサーを登録し、保管場所を入力すれば、配置の時に困りません。材料を配置しなければいけない時にサーバーを使って、場所を確認すれば誰でもすぐに見つけることができます。

その後センサーと一緒に移動させて、組み立て場所に置きます。必要な分を製造したら会いている保管棚にしまいます。この時に元の場所に戻さなくてもよければ、棚を有効活用できます。ビーコンセンサーによって、保管場所を帰ればいちいちしまう場所を考えなくて済みます。製造に利用した分はしっかりと減らしてしておけば、簡単な在庫管理も可能です。入魂時にビーコンセンサーの数情報を追加して、在庫がなくなるまでその識別を利用します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *