人の居場所や備品管理に役立つビーコンセンサー

広大な敷地を持つ工場内では、業務に必要な備品がどこにあるのか分からなくなることがよくあります。

またフロア数の多い建物でも同様で、社員が今どこにいるのかわからないせいで連絡が遅れてしまうこともあるかもしれません。こうした課題を解決してくれるのが、ビーコンセンサーと呼ばれるものです。コンパクトな筐体の中に発信機を備えたこのビーコンセンサーは、定期的に位置情報を発信することで今どこにいるのかを知らせることができます。非常に小さなサイズであるため持ち運びしやすく、消費電力が少ないことから長期間使い続けることができるという特徴を備えています。

このビーコンセンサーを活用すれば、建物内での社員や備品の把握がより簡単になります。例えば社員全体に持たせておけば、デスクを離れてどこか別の部署に出かけている時でも、位置情報を発信することですぐに今いる場所が把握できるからです。会社の建物内でも電話の電波が届かないことはよくあります。これならばそうした場所でも問題ありません。備品管理に活用することも考えてみましょう。

工場内で作業をした後に、作業員な工具類をそのまま忘れてしまうことがよくあります。歩行者がつまずくと大変危険ですし、もし生産ラインの中に置いてきてしまうと事故を招きかねません。こんな時、備品類にビーコンセンサーを貼り付けておけば解決できます。何かが見当たらない時でも、常に位置情報が発信されているためどこにあるか一目瞭然だからです。小さく設計されているため、工具類にも簡単に貼り付けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *