勤怠管理システムにかかる費用

勤怠管理システムの導入の一番のハードルは、費用がかかるということがよくあげられていました。

しかし、それはもはや過去のこととなりつつあります。というのも、クラウド型の勤怠管理システムが登場したことで、初期費用がゼロ・月額料金のみで利用できるようになったからです。クラウド型ならインターネットに接続できる環境さえあればいつでもどこでも利用可能です。パソコンがなくても、スマートフォンがあれば利用ができます。クラウド型に対して、パッケージ型のほうは初期費用が平均30万円~100万円程度かかります。むしろ、タイムカードのほうが費用がかかることが指摘されてきています。

従業員30名程度の会社でも、集計・ファイリング・保管などの事務作業で月に20万円前後かかるそうです。紙のタイムカードでは不正打刻をする人が出てくる可能性があるので、その損失や対策にもコストがかかります。最低でも3年間は保管義務があるので、場所をとるという問題もあります。クラウド型勤怠管理システムの費用相場は、ユーザー1名につき月額100円~500円です。初期費用は会社によりますが、無料のところが多いです。初期費用が数十万円かかるところもあるので、しっかりと比較をしてください。無料トライアル期間が15日~60日程度ついている傾向なので、有効活用することがおすすめです。打刻方法はICカード・スマートフォン・指静脈認証・笑顔打刻などいくつかの種類があるので、不正打刻を防止できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *