労使間のトラブルを無くせる勤怠管理システムの能力

多くの会社でタイムカードで勤怠管理を行っていて、印字された時間のみを表示させる方法です。

印字を見て残業代の支払いや、遅刻した場合や早退した場合の給料計算も行っていることが今までの会社では通例です。この方法でも決して悪くはありませんが、現在は働き方改革が推進されるようになり、勤怠管理を徹底することで労使間のトラブルを防げます。トラブルで多い内容は残業代の未払い問題などをあげることができ、法令では過去3年分のタイムカードを会社側は保管する決め事がありますが、未払い問題が出てしまうと会社によっては開示しない事例も少なくはありません。

タイムカードで労働者を保護するには、随時カードの写真をスマートホンで撮影して自らの労働時間を証拠として残す手段はあります。支払われていない給料があれば、労働者はいつでも請求可能ですが、社員数が多い会社で勤怠管理をしっかりと行っていない場合は、訴訟により全国的に知られてしまうリスクがあります。会社を健全化するには従来型のタイムカードではなく、最新の勤怠管理システムを使うことでリスク回避を行えます。原則として未払いの時間外労働の問題はほぼ100%の確率で会社側が不利になるという現状があります。優れた勤怠管理システムでは、パソコンやスマートホンでも使うことができ、従業員の勤務を完全に一元化して計算することが可能です。誰がいつ時間外労働をしているのかを瞬時に把握でき、給料の支払日には残業代を含めて自動計算できる勤怠管理システムがあるので、支払漏れを起こすこともなく、従業員も安心して働ける職場環境作りに貢献します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *