勤怠管理システムで社員の満足度を高められます

全国各地で営業中の会社では、勤怠管理にはタイムカードを採用していることが目立ちます。

出勤時間と退勤時間を紙媒体のカードに印字する方法で、締め日前には担当者がタイムカードをチェックしながら支払う給料計算をしていることも一般的です。この従来型の方法で何ら問題がない会社はありますが、社員の満足度を高めることを期待したり、訴訟リスクを下げたい会社では、きちんとした勤怠管理システムを導入することが最適です。様々な会社から提案されているシステムですが、クラウド式で出勤と退勤時間を簡単操作で記録できたり、人の手によって計算される給料も自動計算する機能が付けられていることは基本です。優れた勤怠管理システムの場合は、シフト制で仕事をしている会社でも効果を発揮します。

24時間を交代制で勤務しているような会社では、誰が何度夜勤を行っているかを瞬時に判断することができ、社員に対して無理を強いることなく勤務シフトを作成できます。残業時間を含む、時間外労働の問題も勤怠管理システムは役立ちます。国内でも度々ニュースで採用されることが多いのですが、時間外労働分の給料を適切に支払っていない場合は訴訟問題に発展するリスクがあります。勤怠管理システムを導入すると、支払うべき給料を細かく自動計算できるので、リスク回避の他に社員の定着力が向上する可能性も十分にあります。新しい労基法などにタイムリーに対応する勤怠管理システムであれば、尚更活用することに価値があると判断できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *