iotデバイスの活用シーンが増加中!

iotデバイスが人々の暮らしに少しずつ定着してきました。

インターネットによってモノがつながるiotを実現するには、適切なデバイスを準備することが前提となります。用途に合ったセンサーを搭載しており、データをクラウドや他の機器に送るタイプのものが多いです。その役割はこれまでパソコンなどの情報端末に限定されていましたが、今では一般家電などにも同様の機能が搭載されつつあります。家具といった電子的な要素の少ないものも対象になるなど、iotデバイスの対象は幅広いです。農業用の機材や自動車のような乗り物など、あらゆる分野に導入されているといっても過言ではありません。

新築物件には、あらかじめiotデバイスが多数設置されることも増えてきました。それどころか都市中に設置してスマートシティを実現する構想もあります。また、従来の情報端末をiotデバイスとして昇華させたタイプも見受けられます。スマートフォンに他のiotデバイスと連携する機能を持たせるようなケースです。ドアを解錠するアプリが有名ですが、これから多用化が一気に進んでいくと見られています。

ゴミ箱にたまったゴミの量をデータとして受け取れるアプリなども存在します。人間の健康管理はiotの目玉となっていますが、ペットの健康管理を行ってくれる機能を持つタイプもあります。首輪が犬の健康状態を感知してサーバーに転送し、そこで専門家が異常がないかチェックするというものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *