勤怠管理システムのメリット

勤怠管理システムのメリットはいくつかありますが、この記事ではそのうち主なものを紹介します。

1つは不正を防げるという点です。タイムカードは本人以外でもおせるため、不正が行われやすいです。遅刻をしてきたのに、友達にお願いをしてタイムカードをおしてもらっていたので、記録上は時間通りに来ていたことになっているなどです。勤怠管理システムでも不正の可能性はありますが、生体認証を使うことでその可能性を限りなく減らせます。タイムカードは最低でも3年間保存をしなければなりません。倉庫などにまとめて保管することになると思われますが、間違えて廃棄してしまうこともあります。長期間にわたり場所をとるということを最大のデメリットにあげる人も少なくないです。勤怠管理システムなら電子化ができるので、場所をとりません。

紙のタイムカードは人の手によって計算されます。勤怠管理システムならコンピュータが一瞬で集計してくれるので、業務の効率化が図れます。その他には、様々な機能がついている管理ツールが利用できる・他システムと連携できる・スマートフォンにも対応できるなどがメリットとしてあげられます。唯一のデメリットともいえるのが、導入費用がかかるという点です。クラウド型なら初期費用ゼロ、月額料金のみで利用できるのでコスト面でも節約できる可能性があります。前述したように、紙のタイムカードは人の手によって集計されるので人件費がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *