勤怠管理システムの大切さを理解して導入しよう

従業員の労働時間を正確に把握しなければ、支払う給与を正しく算出できません。

シンプルに総労働時間に単価をかけるだけではなく、残業時間なども計算の際に考慮する必要があります。さらに、労働時間の把握は、労働基準法の改正によって多くの雇用形態において義務化されました。そこでポイントになるのは勤怠管理システムを導入することです。一口に勤怠管理システムといっても多くの種類が存在します。自社にとって利便性が高いものを選ばなければなりません。たとえば、打刻を忘れてることを防止する機能が付いているものは便利です。忘れている場合は、それを知らせるメールなどが届くように設定できます。

本人だけでなく上司にも通知される設定していれば、防げる可能性は大きくアップするでしょう。また、スマートフォンからも使える勤怠管理システムであれば、出張先で労働した場合などでも利用が可能できます。テレワークをしている従業員も自宅から入力できるなど、場所に関係なくオンラインで使えるものがこれからの時代は使いやすいです。そのタイプに関しては、アクセスした端末の記録もしっかり残すことで、不正を行えないようにする仕様もポイントになります。いずれにせよ、紙ベースで勤怠を管理するのは難しい時代になってきました。勤怠管理システムを取り入れて、抜本的に体制を変えていくのが得策です。導入の際は従業員に対する使い方のレクチャーもしっかり行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *