勤怠管理システムを適切に選べば管理がラクになる!

勤怠管理タイムカードや出勤簿など従来の方式で行うとなると、担当者が目視でチェックをしながらデータの集計を行い、ソフトへの入力をしなければなりません。

この方法だとどうしても時間がかかってしまうし、人の手で行うためミスも出てしまいます。そういったときに活用できるのが、勤怠管理システムです。勤怠管理システムの導入により、スマートフォンやタブレットなどを用いたさまざまな打刻方法を選ぶことが可能です。また勤怠状況はリアルタイムで把握ができますし、遅刻や残業時間また労働時間を自動で集計してくれるため、勤怠管理が楽になり同時に過労死などの予防にもつなげることができます。

さらに給与計算ソフトと連携できるものも多く、勤怠管理システムとの連携で担当者の負担軽減と作業の効率化が図れるのもメリットです。勤怠管理システムは、主にインターネット経由でサービスを利用し管理するクラウド型と、パッケージ版を購入し自社で管理するオンプレミス型があります。自社内に運用できる人材がいる場合にはオンプレミス型でいいのですが、費用面やサポート面を考えるとクラウド型のほうがいいでしょう。勤怠管理システムは、選び方を間違えると逆に担当者の負担になることもあります。選ぶ際は自社の勤務体系や担当者だけでなく、全社員がわかりやすく使いやすいものであること、コスト面だけ見るのではなくサポートやオプションなどあらゆる面から考慮して適切なシステムを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *