勤怠管理システムでシフト作成も簡単

シフト勤務のマネージャーの方の多くは、シフト作成に頭を悩ませていることが多いです。

シフト作成をしっかりと行っていないと、業務が回らなくなることは言うまでもありません。スタッフの希望や人員の過不足調整などを加味すると、煩雑で手間もかかります。さらに、残業や有休管理が加わることが大半です。そんな時には勤怠管理システムの導入をおすすめします。勤怠管理システムには、シフト勤務に対応しているものがあり、シフト作成をはじめ、シフトでの勤怠管理や残業・有休管理も簡単に行える機能が備わっています。すべてがシフト勤務に対応しているわけではないので、検討時にはしっかりと確認しましょう。

勤怠管理システムの中には、シフト自動作成機能が備わっているものがあります。スタッフの希望や日ごとの必要人員などを登録しておけば、ボタンひとつでシフトを自動的に作成してくれる機能です。初めて見た時には、瞬時に作成されることに感動すら覚えるでしょう。自動作成したものは、もちろん調整もできますので、多少の入れ替えを行えばシフトが完成です。時間がかかっていたことが嘘のようです。働き方改革により、有休の消化義務が発生します。有休の消化義務日数を確実に消化できるサポート機能が備わっているものもあります。残日数の把握もバッチリなものが多いです。休職後に復帰した場合、有休の消化義務日数の算出は面倒です。そんな計算も簡単にできる勤怠管理システムもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *