GPSとビーコンの供用による可能性

GPSは衛星からの信号を受信することで居場所を特定できるとても便利なシステムです。

弱点といえば電波を遮断する障害があるような、トンネルや地下、屋内での使用ができない点が挙げられます。それを保管できるのがビーコンです。ビーコンは近距離で位置情報を提供できるツールです。GPSと違って数十メートル程度しか届きませんが。同じエリアないであれば、屋内や地下で利用できます。このようにお互いが補完できるシステムを供用することで、全体をカバーすることができます。GPSでは今まで建物までの誘導しかできませんでしたが、それから先をビーコンが受け継ぐことで、目的のものまで行き着くことも可能です。

そのため目標物の検索が場所ではなく、物だったり人になることも考えられます。欲しい物を検索したら、一番近い店舗が表示され、そこに行き着くと店舗内の棚まで誘導されるようなことが可能となります。映画館で予約した席が、施設内に入ってからシアターに誘導されて、席まで案内される日もそう遠くないはずです。このシステムを人に利用すると、会いたい対象の人を検索して、その人がいるところまで誘導させることも実現できるでしょう。子供を見失わないようにすることで、迷子は根絶されることも夢ではありません。犬や猫などを探すのも容易になったり、自転車の盗難なども解決に向かうことが期待されます。これからの発展がとても待ち遠しいシステムといえます。
GPSのビーコンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *