勤怠システムを活用する

企業にとって人が利益を生み出しているということになります。

その分企業は多くの人件費を払っているのです。企業によってはより効率的に利益を生み出すために人件費を少しでも抑えようとすることがあります。その結果企業で働く従業員にしわ寄せがいってしまい、できるだけ少ない時間でより多くの仕事をしなければならなくなります。

しかし従業員はいくらでも働かせていいということではありません。従業員を守るためにも労働基準法というものがあり、企業はその範囲で就業規則を作成し従業員の勤務状態を管理しなければならないのです。従業員の勤務状態というのは勤怠ともいいますが、誰がいつ出勤したのか、何時間働いたのか管理をするということです。労働基準法では年間の勤務時間は2080時間、週の勤務時間は40時間、1日8時間という時間が決められています。

また週に1日は休みを与えなければなりません。これらは勤務形態によって変わり変形労働時間性やフレックスタイム性などもあります。いずれの場合も決められた基準内で勤務することができているのか勤怠管理が必要なのです。これらは勤怠システムで管理する方法があります。勤怠システムというのは従業員の勤務状態がわかるようにコードで検索をしたり一覧性のあるもので確認するすることができるというものです。また勤怠システムであれば勤務実績を給与計算の方に連携させて賃金を計算することもできるようになり効率的に管理、運用が可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *