勤怠管理システムを導入することで得られるメリット

勤怠管理はタイムカードなどのアナログなもので管理されていることが多いですが、勤怠管理システムを導入して、業務の効率化を図ろうとする企業も増えてきました。

勤怠管理システムを導入することのメリットとして、作業時間の削減があります。勤務時間、労働時間の集計にはある程度の時間がかかり、中小企業の会社であったとしても毎月20時間ほどの時間がかかると言われており、経費として数十万円かかることになります。

勤怠管理システムを導入することでこの費用が削減されるだけでなく、タイムカードの打刻漏れに伴う作業、タイムカードなどの消耗品の費用、タイムカードの保存などが必要なくなり、トータルでの費用面、作業面の圧縮が期待できます。また、直行や直帰など出先などで勤怠管理を行う場合、従来であれば上司への連絡などが必要でしたが、勤怠管理システムを導入することでGPS機能のついた携帯電話からアクセスすることで打刻をすることができるようになります。

これにより、どこで打刻をしたかがわかるだけでなく、それに関する不正などを暴くことが可能です。有給休暇に関しても、きっちりとした管理が求められるようになり、システム上から社員の有給休暇の消化具合がわかるようになります。いずれは有給休暇の消化をめぐり、消化の義務付けが行われる可能性も秘めており、そうした場合に遵守できない会社は罰則の対象となりかねないため、対策が必要となっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *