勤怠管理システムを効果的に利用する方法

勤怠管理システムを導入するに当たっては様々な点に考慮しながら行う必要があります。

特に現在手作業で勤怠管理を行っているような中小企業にとっては勤怠管理システムの導入がかえってコストアップとなってしまうことも有り、慎重に検討しなければなりません。これはコストが安いと言われているクラウド型であっても同じことが言えます。勤怠管理に限らず今まで手作業で行っている作業をシステム化するためには、第一に導入するためのコストがかかるものです。自社でシステムを構築する場合にはシステムの構築費用と構築期間が必要で、これを行う担当者も必要になります。又、実際に運用を始めるとその運用費も必要になります。

これらは明確に金額で示されることが多いため、その費用を捻出できるかどうかが大きなポイントになります。さらに見落としがちな点が導入による日常作業への影響です。例えばタイムカードで出退勤を入力していた社員に対して勤怠管理システムを導入するために新たな入力方法を導入した場合、その方法を教育するための時間が必要であったり、万が一入力を亜弥又場合の手戻りの作業なども考慮する必要が有るほか、社員一人ひとりの入力作業にかかる時間の影響も考慮しなければなりません。

この作業量が増えると社員の負担が大きくなり、モチベーションの低下を招いて業務に影響する危険も有る為注意が必要です。勤怠管理システムの導入は成功すると管理面のコストが劇的に削減できるため、大きな効果をもたらしますが、そのためには付帯する影響を十分に考慮した導入を行う必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *