デジタルで効率的な勤怠管理システム

皆さんは出勤・退勤はどのように管理されていますか(飲食や小売では休憩の出入りも含めると思います)。

いまだに多くの企業ではタイムカードが使われています。市販されていることから簡単に入手及び補充することができて、また極めてわかりやすい仕組みですので好まれる理由はわかります。ただ、それを管理する経理部や人事部においては『タイムカードは非効率』という意識が高いです。一人一人の出勤と退勤、及び残業時間が適正なのかなど確認する事項が多いからです。

またそれをミスなく無駄なくこなすことは、月初の憂鬱な作業のひとつと言っても過言ではありません。そこで、効率的に且つミスなく作業するためには勤怠管理システムの導入が必要です。給与会計システムと完全に連携している特化型勤怠管理システムや、シンプルにタイムレコーダー機能のみを有する勤怠管理システム、ある業界に特化した勤怠管理システムなど、機能や価格面で多種多様です。最近では特別な機械を導入する必要はなく、既存のパソコンを利用してシステムをインストールするだけでよいものが殆どです。

またソフトのインストールやサーバーへの接続設定で済むことから、実際に稼働し始めるまでの期間も短期化されていることは大変メリットです。企業でパソコン作業をしているビジネスマンからすればなんてことない業務フロー改善ですが、業種や教育度合によってはパソコンなんて全くわからないという人も世の中には多いです。そのような人たちにも利用しやすく、且つ経理部や人事部が効率的に作業できる勤怠管理システムは非常に便利で素晴らしいものです。
在庫管理システムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *