勤怠管理システムを導入する際にしておくべきこと

勤怠管理システムを導入することは作業効率などを上げる点においては必須であり、多くの企業がその導入を実施、健闘をしている段階にあります。

とはいえ、闇雲に導入するのではなく、導入の前段階にやっておくべきことがいくつもあります。まずは自分の会社のルールと勤怠管理システムがマッチしているかというものです。通常、出社時間、退社時間で打刻をすることになりますが、場合によっては何度も出社と退社を繰り返すことになる場合があります。勤怠管理システムによっては1回だけしか記録してもらえず、システムとして機能しない場合があるため、注意が必要です。そのため、導入に際してそのシステムと会社のルールが合っているかどうかを確認することが大切です。

それと関連し、こうしたシステムの不備を導入してから気づき、余計なコストをかけてしまうケースがあります。本格的な導入をする前にお試しとしてそのシステムを使ってみて、不備がなければ本格的な導入をするということが求められています。

打刻のシステムに関しても言えて、パソコンを使ったシステムならば、その操作に慣れるのに時間がかかり、操作間違いをし、余計な手間をかけてしまうということも十分に考えられます。ICカードを利用したものであればどれだけのコストが必要になるかも検討しなければなりません。導入してしまえばそこまでの混乱はありませんが、導入するまでが色々と大変であることがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *